地方銀行の住宅ローン審査は甘いの噂を検証

マイホームの為に思い切って地方銀行で住宅ローンを申込みしたけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

家が欲しいと思ったとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みした場合、初めに審査があります。

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しくチェックする所はチェックされますので今後本当に家の購入を検討しているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

信頼をおける銀行が見つかったら、まずは相談してみて今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういう時は地方銀行で住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、プロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは支払の事をどうするか。

という事だと思います。

普通は、地方銀行で住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

期間は最長で35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込む場合は近場にある地方銀行や信用金庫などからでも可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せる方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

地方銀行で住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

地方銀行の住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

長年地方銀行の住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

これから地方銀行で住宅ローンを組む予定のある方に、支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

なので、すぐに支払いをする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?一番いい方法は銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に知らないと損をするかもしれない地方銀行の住宅ローンのご紹介です。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

困った時はスタッフに相談してみても良いですね。

引用:http://www.homeloan-guide.net/banks/local/