アコムマスターカードはETCカードが作れない?アコムマスターカードの注意点は?

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金、クレジットカード支払いで3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードに対する不安でクレジットカードはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレジットカードはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってアコムマスターカードを作れない方でも発行されます。

アコムマスターカードを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路などを走行するときに割引があったり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレジットカードと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はちゃんと管理できていますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会にわからなくなってしまうので気をつけましょう。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

どうしてかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方はお持ちのクレジットカード会社に追加で申し込みをしてもらうか新規でアコムマスターカードを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

ETCカードを挿入しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一度落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わり高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレジットカード会社発行の場合は発行元のクレジットカード会社への連絡になります。

カード会社によって停止・再発行までの違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレジットカードです、ですがアコムマスターカードにETCカードが無いことは覚えておいてください。

もしアコムマスターカードを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にはアコムマスターカードを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。ただし注意点としてはアコムマスターカードにはETCカードは用意されていません。

引用:http://www.getbrilliance.com/faq/etc.html
銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますがデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

皆さんはETC カードを申し込む際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?所持しているクレジットカードからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

傾向として、高速道路の利用頻度が少ない方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

カードを作るにはアコムマスターカードを作る必要があり、アコムマスターカードをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくアコムマスターカードを申し込むときには入会審査が必要になります。

また、クレジットカード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、多くの場合ではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

皆さんも使っていますか?NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにアコムマスターカードをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレジットカード申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

ネットでどうしたらいいか調べ、カード会社に連絡をしたところ紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話して処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。